子育てのゴール

子育て

この夏で、子育て歴16年になるわたし。
結婚する前から、お互いに兄が1人いる夫とは「こどもは3人がいいね。」と話していて、有り難いことに3人のこどもにめぐまれました。

夫もわたしもこども好きで、子育てすることを楽しみにしていたのに、出産して、実際に子育てをはじめると、楽しくてしかたないはずの子育てなのに、いつからかつらいと感じることが増えました。
この辺のことは、また書きたいと思います。
今日は、子育てにやりがいを感じるようになってきた、今のわたしの子育てのゴールを考えてみます。

パッと今思いつくのは、【自尊心が高く、多様性を受け入れられる心をこどもたちに育む】かな。
まだしっくりこないけど、やっぱり「自分のことをまあまあ好きだと思える」ってことを大切にしたい!

「めっちゃ好き」は難しいと思うけど、「まあまあ好き」は、可能だと思うし、そう思っててほしい。
ちょっと怖いけど、こどもたちに聞いてみようかな。
たぶん、数年前よりは「好き度」は上がっていると思うのだけど、どうかな!?

自分のことを好きと思えて、大事にできる人は、目の前の相手のことを大切にできると思うんです。
無条件に愛されていると感じていたら、人を愛することができるんじゃないかなって。

こどもたちに伝えたいことはたくさんあるのだけど、思春期の長男と娘は、特になかなか話すタイミングを見つけるのが難しくなってる。
相手が話しかけてきたときに、(スマホのカバーを閉じて)積極的に関心を持って聞いて、いい関係性をキープしておくのが今のわたしにできること。

『世界に通用する子供の育て方』の講座で学んだことの中で、こどもたちに共感すること無条件の愛を伝えることだけは、実践できてると思う。
あとは、今はまだ苦手なプロセスフォーカスも無意識にできるようになりたい!
苦手なことも、やればやるだけ上手くなると信じているので、がんばりまーす♫

(Visited 10 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました