🌟2020年3月〜5月を振り返って(2)

そのほか

🌟2020年3月〜5月を振り返って(1)で、3ヶ月間の出来事を振り返りました。
読み直してみると、特に問題なく過ごしていたように見えるなぁと思います。
確かに、大きなできごとはなかったけど、わたしの心は不安定でした。
買い物に出た時に見た光景やニュースで見たできごとに、「〇〇が腹たつねん!」とか、「〇〇は絶対おかしいと思う!」とプンプンおこっていた日もありました。

今は、それが不安からくる怒りだったんだなぁとわかります。

自分が感染したら、どうなるのかな。
両親がもし感染したら・・・。と、考えても仕方のないことが、頭の中にいすわって、不安を増幅していました。

そんな時に大きな力になったことが3つあります。
ひとつめは、その不安を人に話すことでした。
幸い毎日のようにzoomで、学び仲間と顔をあわせる機会があり、不安をそのまま話せるチャンスがあったので、こまめに心の中を吐き出せたのがよかったのだと思います。
「同じように感じているよ。」と共感してくれたり、「こんな風に考えると楽になるかもしれないよ。」と新しい視点をもらえたり、そういうつながりの中でわたしの不安は和らいでいきました。

2つ目は、自分の強みをいかすこと。
わたしの性格の強みは、VIAの強み診断ではトップ5が愛情、親切心、希望、好奇心、スピリチュアリティ。
今回、いくつかのイベントの企画をしたことは、きっとなんとかなる!という「希望」とやってみたい!という「好奇心」、これはきっと参加してくれる人の役にも立てる!という「親切心」を発揮する機会になりました。
もちろん初めてのことだったから、こわかったし、ドキドキしたし、小さな失敗は山盛りしました。
それでもトライできたのは、相談に乗ってくれる友人、周りの人の応援、そして「失敗と成功は同じ方向にある。」という『しなやかマインドセット』を持てるようになったから。

3つ目は、ベネフィットファインディング。
これは、松村亜里さんの3月の講義の中で印象的だったことで、どんな状況の中でもベネフィット(利益や恩恵)を見つけることです。
人はネガティブなことを見つけるのは得意だから、嫌なことは簡単に見つけられるけど、今回のような不安が高まる状況の中では、意識しないといいことは見つけられません。
それでも、探せばたくさんあるものです。

例えば、わたしだったら、家にいる時間が増えたから、学習する時間が確保しやすかったし、ブログを開設して、書き始められた。
今までしたことのないオンライン授業をするチャンスが生まれ、50時間以上の指導経験ができた。
健康への意識が高まり、睡眠時間を確保するようにしたり、運動不足にならないように家の中でできるエクササイズを見つけて、続けることができた。
今までより、家族5人で一緒に食事をしたり、ゲームをしたり、話したりする時間がふえた。
こどもたちと一緒にお料理をする機会ができた。
きっと探せばもっともっとあります!

5月の下旬に受講した『逆境を成長に変える5つの方法』という講座の中でも学んだ、自分の気持ちを受けとめたり、身体をいたわったり、つながりを持ち続けること。
そして、自分ができることにフォーカスすること、強みを意識して使ったり、今あるものに目を向けること。
そういうことが、総合的にできていたのかな、と思います。

今後、コロナのような感染症の流行以外にも、自分の思い通りにいかない状況に陥ることはきっとあると思うけれど、その時は、この3ヶ月をどう乗り越えたのかを思い出して、『逆境からの成長』を意識したいと思います。

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました