必ず変化は起きます! 〜 ポジティブペアレンティングBASIC第6期① 〜

ポジティブペアレンティングBASIC&ADVANCE

こんにちは。
幸せを増やすスキルを実践し、伝える
英語子育ての先生 わだまりです。

今日もいらしてくださってありがとうございます!


わたしは、2020年に
ニューヨークライフバランス研究所認定
ポジティブペアレンティングコーチになりました。


2021年から、ポジティブペアレンティイングという
子育ての講座をオンラインで開催しています。

最高のタイミングでのスタート!

新年度がスタートして、
お子さんたちは、新しい学校、
新しいクラスに馴染んできたでしょうか・・・。

「めっちゃいいクラスー!」
って言ってる子もいるでしょうし、
「最悪なクラス・・・。」と嘆いてる子も

いると思います。

新しい環境に馴染むのに時間がかかる子は、
今の時期はふだんよりサポートが必要ですね。

今日は、そんな時期にとっても役に立つ講座が
スタートしました。

ポジティブペアレンティングBASICは、
ニューヨークライフバランス研究所の講座。
隔週開催の全4回の講座の中で、
親子関係をよくするスキルを学びます。

5年前のわたしと同じ気持ち

今回の講座は、関東と東北から3名が受講されています。
うち、おひとりはお子さんの体調不良で、
途中までの参加(後半は録画受講)となりました。


そして、北海道の学び仲間の山本りかさんが
サポートに入ってくれています。

最初の自己紹介と参加動機、
そしてこれまでの子育てと、これから
どうなりたいかというお話を聞いて、

5年前のわたしとおんなじだ!

そう思いました。
そして、それぞれに
「自分と家族に笑顔が増えるように。」
とか、
「子どものいいところを伸ばしたい。」
という希望を聞いて、

それ、きっと叶います!
わたしも5年前同じこと考えてた。
わたしが変わって、

家族もずっと仲良くなりました。

そうお伝えしました。

子どもが幸せに育つために必要なこと

ポジティブペアレンティングBASICでは、
よりよい親子関係を築くために必要なスキルを
学んでいきます。

第1回目には、子育てスタイルについて学びます。


結論から言うと、子どもに寄り添いながらも、
ダメなことはダメだと伝える
「支援方子育てスタイル」
子どもの生きる力を育み、幸福度を高めます。


そして、支援方子育てスタイルの1番の
特徴である「共感」のスキルを学ぶんです。


これができるだけで、
子どもとの関係はもちろん、
パートナー、職場の同僚、上司、後輩、
ママ友、自分の親、義理の親、
どんな関係も良くなります!


わたしがこのスキルを学んだのは、
長男が中2の時。


思春期で話を聞いてくれない時期でしたが、
それでも共感のスキルのおかげで、
少しずつ関係性は良くなっていきました。


今日は、支援的子育てや共感の方法を
お伝えしながら、「学んで本当に良かった!」
と何度も感じていました。

もし、共感を学んでいなかったら、
息子もわたしもどうなっていたんだろう・・・。
最悪な状態しか想像できません・・・。

Photo by Mike Yukhtenko on Unsplash

ちょっと長くなってきたので、
「共感」のポイントや受講生の様子、
感想などは明日書きますね!

その記事はこちら↓

最後まで読んでくださって、
ありがとうございました

<現在募集中の講座・コース>
ポジティブペアレンティングADVANCE

大切な人との関係性をより良くする一生モノのスキルを身につける講座
ポジティブペアレンティングBASIC受講ずみの方向けの全6回の講座


⭐️ブログには書けないことを
メルマガ『MARIのわくわく通信』に書いています。

今、ご登録いただくと、
「自己肯定感が高まる英語のフレーズ7選」
をプレゼント!

厳選した7つのシンプルな英文と和訳のPDFシート
そして、音声リンクをお送りします。

ご登録は、こちらから。

⭐️これまでの開催実績は、こちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


🔸Podcast “Be Myself, Be Yourself” 配信中!

日々、感じることをさらっとお話ししています。
少し英語もしゃべっています😉


🔶幼稚園、小中学校での講演も可能です
・子どもの強みの見つけ方
・思春期の子どもとの関わり方
・子どもが伸びるほめ方

オンライン開催も可
こちらからお問い合わせください。

🔶講座の日程が合わないという方は、ぜひこちらから日程のリクエストをどうぞ。

🔸英語学習コーチング
次の募集は、メルマガで先行受付する予定です。

(Visited 54 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました