わたしの憧れの人

おすすめの本

こんにちは。まりです。

このブログを書き始めたのは、2020年5月。
それから、週に数回書き続けて、もうすぐ100記事になります。
11月末までに、100記事書きたいって思って、ネタを考えていました。(間に合わなかったけど・・・。)
そして、あ、ブレネーさんのことを書かなくちゃ!って思いついて、今こうして書いています。

ブレネー・ブラウンさんは、ヒューストン大学院(テキサス州/アメリカ)の研究者で、勇気・心の弱さ・恥・共感などについて研究をしている人です。
きっと日本では、まだ有名ではないと思いますが、だからこそ彼女のことを多くの人に知ってほしくて、今日は動画を3本紹介します。

わたしがブレネーさんのことを知ったのは、NYLB研究所の【世界に通用する子どもの育て方】の講座でした。
講座の中で、参考動画として、今日紹介するひとつめの講演のリンクがあげられていて、それから、惹きつけられるように何度も見ました。

↑こちらは、TEDxHouston 2010での”The Power of Vulnerability“(20分/日本語字幕あり)です。
Vulnerabilityという言葉は、しっくりくる日本語がないのですが、脆弱性(ぜいじゃくせい)、傷つきやすいこと、弱点、無防備さ、心のもろさ、などと訳されます。

ブレネーさんは、このトークの中で、自分のありのままの姿を受け入れること、ダメなところも全部受け入れること、弱さを受け入れる強さ(勇気)について、話しています。
この動画を見る度に、わたしは怖くてもやってみよう!と勇気をもらいます。
失敗しても、かっこ悪くても大丈夫!、といつも思わせてくれます。

こちらは、2012年3月のTED Talk(約20分)です。
ひとつめの講演の約1年半後に収録されたもので、最初のTedトークの後に彼女の周りで起きたこと、彼女の中で起きたことなどを話しています。
そして、『恥』について。

vulnerabilityは、弱さじゃない!と彼女は言います。
vulnerabilityは、革新、創造性、そして変化の生まれる場所。

そして、セオドア・ルーズベルトの「競技場に立つ人」という詩を紹介しています。
松村亜里さんも、この講演の「競技場に立つ人」という詩について、以前のメルマガで触れていました。
何度聞いても心に沁みます。
勇気が湧いてきます。
もっと上手に紹介できたらいいのですが、いい言葉が見つからないので、ここまでにします。
ご自分で観て、ブレネーさんの熱いメッセージを受け取ってもらえると嬉しいです。

Don’t Be Afraid to Fall: Brené Brown Addresses The University of Texas at Austin's 2020 Graduates

こちらは、今年の5月のヒューストン大学の卒業式のスピーチです。
コロナの影響で、キャンパスでは卒業式が行えず、オンラインでの卒業式でした。
こちらは、英語のみの放送で、21分ほどです。
※ネットで検索していたら、英語のスクリプトを見つけました
これで、わからなかった部分がわかるかも!?

正直、アメリカの教育システムをよく知らないこともあり、何度見ても全てを理解することはできませんが、それでも、彼女が何ども心折れそうな出来事から立ち上がって、あきらめずに進み続けたこと
だからこそ、今の成功があるんだということが心に響きました

英語を学んでいる方、ブレネーさんのファンになってしまった方、ぜひ観てみてください。

わたしはすっかりブレネーさんのファンになってしまったので、PodcastとSpotifyで彼女トークを楽しんでいます。
彼女は、かなり早口で話すこともあるので、半分ぐらいしか理解できていない気がしますが、それでもつい聞きたくなってしまいます。

本も出版されています。
まだ読みきっていませんが、こちらは特にオススメです。
本当の勇気は「弱さ」を認めること
すでにこの本を読んだ学び仲間は、みんな絶賛していました。
年内にぜひ読みたいです!

この記事を「公開」にした後で、気づきました。
タイトルに「憧れの人」って書きながら、どんなところに惹かれているのかほとんど触れていませんでした。
ブレネーさんのこと、まだまだ知らないことはたくさんあるんですが、今まで見てきた録画やPodcastのトークから、彼女の生き方がステキだなぁと思うんです。

わたしは、こどもの頃からずっと無意識に「いい子」でいようとしていたし、母親になっても「いいお母さん」になろうと頑張っていました。
苦手なことを克服して、できないこともできるようなふりをして、ダメなところをできるだけ見せないように頑張ってきました。
それを子育てでもしてしまい、いい子を育てようとして、指示と命令ばかりのお母さんになっていました。

子どもとの関わり方について、「世界に通用する子どもの育て方」の講座で学び、支援的な子育ての仕方について知り、そしてブレネーさんに出会いました。
彼女のありのままを見せる勇気、率直さ、ユーモアのあるところ、失敗して、心が折れかけても、もう一度立ち上がって頑張る姿に感動しました。

わたしも、ちゃんとしてる風を見せることに力を入れるんじゃなくて、かっこ悪くても、そのままの自分、完璧じゃない自分を見せながら、進んで行きたいって思っています。

これからも、勇気が出せない時、失敗して落ち込んでしまった時に、ブレネーさんのお話を聞いて、また立ち上がるエネルギーをもらうつもりです。
わたしも彼女のように「競技場に立つ人」でいたいから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【現在募集中の講座ほか】
⭐️3月15日(月) 10:00-11:45
 NYLB体験講座子どもが伸びる!子どもの強みの見つけ方残席1です!
 強みをみる子育ての効果を学び、実際に子どもの欠点と思えるところから強みを見つける練習をします。 

⭐️3月20日(土・祝) 14:40-16:00
Shiawase2021シンポジウム
親子の関係がグッとよくなる
『強みのワークショップ』
〜VIA 24性格の強みを子育てに活かす〜
参加費無料のワークショップです。ぜひご参加ください。

⭐️4月26日(月)開講 ← 募集を開始しました!
世界に通用する子どもの育て方 ベーシックコース 第2期』(全4回)
日本時間: ①4月26日(月)、②5月10日(月)、③5月24日(月)、④6月7日(月)
いずれも 10:00 – 11:45(1時間45分) 

NY時間: ①4月25日(日)、②5月9日(日)、③5月23日(日)、④6月6日(日)
いずれも、21:00 – 22:45(1時間45分) 

🔶講座には興味があるけれど、日程が合わないという方は、ぜひこちらから日程のリクエストをおしらせください。

🔶コーチング無料モニター募集中エンパワメントセッション(30分)
 100名までのモニターセッションです。ぜひお話を聞かせてください😊 

🔶メルマガ【MARIのわくわく通信を不定期に配信しています。
 ご登録は、こちらから。

(Visited 3 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました