おっきなチャレンジへの軌跡 No.4

VIA 性格の強み

親子の関係がグッとよくなる
強みのワークショップ
VIA24の性格の強みを子育てに活かす方法
日時:3月20日(土) 14:40−16:00
約60名の参加で、無事に終了しました!
場所:zoom / 参加費:無料

ひょんなことから、3月20日、21日に開催されるshiawase2021で、ワークショップを開催することになりました。
その軌跡を残しておきます。
この大きな挑戦に、なぜ踏み出すことができたのか。
その時の気持ちや、仲間からのたくさんの応援とその応援への感謝の気持ちを書き留めておきたくて。
いつかまた別の挑戦をする時に自分を励ましてくれそうだし、もしかしたらこれを読んでくれた人の背中をそっと押すことができるかもしれないと思い、書いていきます。

⭐️これまでのいきさつは・・・
おっきなチャレンジへの軌跡 No.1
おっきなチャレンジへの軌跡 No.2
おっきなチャレンジへの軌跡 No.3

強みの再発見!

今回、このワークショップ出展というチャレンジに進んでいく中で、あらためて自分の強みについて考えました。

VIAのトップ7は、愛情、親切心、好奇心、寛容さ、熱意、誠実さ、スピリチュアリティです。

わかりやすく発揮している強みは、好奇心誠実です。
好奇心は、「おもしろそう! やってみたらどんな感じなのか体感したい。どんな経験が得られるの???」という感覚で、行動の原動力になっています。
誠実さを使って、小さな「やってみたい」という自分の中の気持ちを見逃さず、それを叶えてあげようとしています。

そして、今回初めて気がついたわたしの「愛情」の使い方。
わたしの性格の強みのトップは、愛情なんです。
この愛情という強みは、愛するということと、愛されるということ、その両方が含まれます。
今回、この強みのおかげで、「声をかけたら、応援してくれる人がいるかも。」って思えた気がします。
そして、今回動き出すまでに、応援してもらえるようなつながりを作れていたんだと思います。

それに加えて、「できるよ!」という言葉や、わたしの強みを伝えてくれる言葉を受け取れるようになりました。
それは、相手への信頼であり、自分への信頼でもあるんだなって感じます。
愛情って、信頼するってことなのかもしれません。

もうひとつ、寛容さも使っています。
失敗するかもしれないし、仲間に迷惑をかけるかもしれないという怖さがあっても、やってみようと前に進めるのは、うまくいかなくても自分を責めないでいられるから。
寛容さは、以前はそれほど高くなくて、今回初めてトップ5に入ったんです。
実は、それがとてもうれしくて。
自分に優しくなれたんだなって、感じています。
そうして、たぶん人に対しても優しくなれていると思います。

わたしの弱い目の強み、例えば創造性だったり、大局観、知的柔軟性などは、応援してくれる方達にサポートしてもらえばいいんだって、思っています。

サポートチームのグループ作成

わたし、いちいち行動に時間がかかるのですが、今回は、翌日の土曜日にサポートチームのメッセンジャーグループを作りました。
グループに入るよといってくれた方、そしてzoom会に出てくれた方にも声をかけて、20名の大きなチームの形ができました。

グループを作ったのはいいものの、この時点ではどうやって進めていけばいいのかわからい状態でいました。
とにかく、みなさんのできる範囲で、負担にならないことで、応援してもらって、2ヶ月後に「楽しかった!」と思ってもらえたら最高だなぁと考えています。

エンパワメントセッションを受けて

週が明けて、月曜の朝、Kさんから、メッセンジャーでエンパワメントセッションの相互セッションをしませんか?とのお誘いが来ました。(このことは、お弁当記録 31st weekにも少し書きました。)
ちょうど予定を合わせることができたので、午後に相互セッションをすることに。

まず、わたしがコーチ役になって、セッションをさせてもらって、フィードバックをしました。
そして、次にわたしが話を聞いてもらう番が来ました。

特に、話す内容を決めていたわけじゃないけど、やっぱり頭にはshiawase2021のことがでーんとあったので、このことを相談しました。
相談の内容は、「全体的に、どうやってすすめたらいいかわからない。」ということ。

Kさんは、たくさんの質問をしてくれて、話をいろんな角度で聞いてもらう中で、ひとりで進めていくのが不安なこと、そして、誰かにそばでサポートをしてほしいという気持ちがあるのを発見!
さらには、その誰かというのがわたしの中にぱっと思い浮かんでしまいました。

というわけで、今回のエンパワメントセッションで決めた次の行動は、その人にメッセージを送って、「相談役」のような形でサポートしてもらえませんか?とお願いすること。
もちろん、断られるかもしれないので、ちょっと勇気がいるけど、聞いてみなくちゃわからないし、思いついてしまったので、行動あるのみ・・・。

Kさんのタイムリーなセッションのお誘いと、的確な質問でわたしにとって必要なステップを具体的にイメージさせてくれたことに、感謝の気持ちでいっぱいです!

コーチを依頼してみた・・・

そしてそして、その日の夕方の授業が終わって、約束のメッセージを送りました。
認定講師の仲間で、いつもわたしを応援してくれる大好きなAさん。

ドキドキしながら、どんなことをお願いしたいのかを書いて、メッセージを送りました。
そしたら、しばらくしてから快諾のメッセージが!!!

そのメッセージを読んだ時に、引き受けてもらえてよかった!といういっときの安心だけじゃなくて、ものすごく大きな安堵を感じました。
あー、もう大丈夫!
ワークショップもきっとうまくいくって思えました。笑

スケジュール確定!(だと思った)

その翌日、1月19日(火)のお昼に、shiawase2021のサイトを見にいったら、最新のタイムテーブルはこちら、と書いてありました。

恐る恐るそのリンクをクリックしてみると、タイムテーブルが出ていて、わたしの送ったタイトルのワークショップが第1希望の20日(土) 14:40-16:00の枠に載っていました!

これを見てやっと、「あー、ちゃんと受け付けられてたんだ。ほんとにわたしワークショップやるんだ。」って思いました。

ワークショップ当日まで、あと2ヶ月ほど。
ワークショップの内容もそうですが、それまでにしなくちゃいけないことの流れもまだわかっていないので、不安もまだまだありますが、いよいよ覚悟を固めなくちゃという気持ちになりました。

ひとまずサポートチームのメッセンジャーに日時確定のお知らせをしました。
すると、「当日のサポートに入ります!」といってくれる方が何人もいて、うれしい!
そして、スライドのテンプレートや制作物を作るチームも自律的に作ってくれて、本当にそれが心強くて。

この週末(1/23、24)に時間を作って、内容を固めたり、やらなくちゃいけないことをまとめます!

おっきなチャレンジへの軌跡 No.5 へ続く

⭐️ブログには書けないことをメルマガ『MARIのわくわく通信』に書いています。
  ご登録はこちらから。

⭐️これまでの開催実績は、こちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


🔸Podcast “Be Myself, Be Yourself” 配信中!

日々、感じることをさらっとお話ししています。
少し英語もしゃべっています😉

🔸Podcast “Mari’s Magic Phrase

英語の簡単なフレーズをご紹介する番組です。


🔶幼稚園、小学校、中学校での講演も可能ます。※オンライン開催も可
  テーマなど、こちらからお問い合わせください。

🔶講座の日程が合わないという方は、ぜひこちらから日程のリクエストをおしらせください。

🔸英語学習コーチング(モニターセッションをスタートしました
次の募集も、メルマガで先行受付する予定です。

(Visited 34 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました