ACRは最強です! 〜 ポジティブペアレンティングADV月曜朝クラス① 〜

ポジティブペアレンティングBASIC&ADVANCE

こんにちは。
ポジティブ心理学を伝え、実践する 英語の先生 Mariです。
今日も、いらしてくださってありがとうございます!

わたしは、2020年にニューヨークライフバランス研究所の認定講師養成講座を受講して、
ポジティブペアレンティングコーチになりました。
2021年から、ポジティブペアレンティイングという講座(旧 世界に通用する子どもの育て方講座)をオンラインで開催しています。

4月21日(木)に第4期となるポジティブペアレンティングADVANCEがスタートしました。
ポジティブペアレンティングADVANCEは、ポジティブペアレンティングBASIC(全4回)の修了生が受講できる全6回の講座です。

ワクワクのスタート!

第1回は、振替の方もいらして、栃木、埼玉、長野、ニューヨークからの4名で開催しました。
初対面の方もいらっしゃったので、まずはおひとりおひとりに自己紹介とADVANCEの受講理由をお聞きしました。


みなさん、BASICで学んだ知識やスキルをすでに活かして、家族との関係性にも変化が出てきているけど、
もっと深く知りたい。
もっと実践できるようになりたい。
そんな想いで受講を決めて、集まってくれました。

すでに変化されてきたこのメンバーが、全6回でまたぐっと変わっていかれるのが本当に楽しみです!

これまでの学びの振り返りの中で

今回のテーマは、「関係性をぐっとよくする話の聞き方」。

本題に入る前に3人に、1つの質問を聞きました。
それは、テキストとして使用している

「世界に通用する子どもの育て方」の本の中で、一番役に立っている知識やスキルはなんですか?
というもの。

その中でシェアしてもらったことに、感動してしまいました。
BASICの第2回で学ぶ「愛の言語」を使って、パパと娘ちゃんの関係性がぐっとよくなったお話。
ACRをお仕事の場面で使われて、効果を感じられているということ。
多様性の考え方から、相手の気持ちや考えを尊重するということ。
しなやかマインドセットが役に立っているというお話もありました。


すでにどんどん学びを実践されていて、成功体験を重ねていること。
うまくいかないことはあっても、みなさんの行動力が素晴らしいです!

困ったときに相談してもらうために・・・

親なら、子どもが悩んでいるとき、困っているときに、真っ先に相談してほしいと思うもの。
でも、自分の子供時代を思い出しても、なかなか相談できなかったことがあります。
親をがっかりさせたくないとか、怒られるかもしれないと思ってしまうんですよね。

では、どうしたら困ったときに相談してくれる関係性が作れるのか。
これを明らかにする研究があるんです。
相手が良いニュースを話してくれたときに、どんな聞き方をするかで、辛いときにも話してくれる関係性を作れるんです。

それを ACR(積極的建設的傾聴)といいます。
簡単にいうと、相手のいいニュースに関心を持ってコメントしたり、質問をします。
そして、一緒に喜ぶんです。

とっても簡単なことに聞こえるかもしれません。
でも、ふだん家族の良いニュースをどんなふうに聞いているかを考えてみてください。

もしかしたら、スマホを見ながら、相手に目を向けないまま、感情も込めずに「ふーん、よかったね。」と返しているかもしれません。

子どもの話をさえぎって、「それはいいから、早く宿題して!」といってみたり。
わたしは、しょっちゅうそんなことをしていました・・・。


これじゃあ、子どもはいいニュースも話してくれなくなるし、困ったときに聞いてもらおうなんて絶対思わないですよね。

講座の中で、まずは実際にACRをしてみる、そしてACRされてみるというワークをします。
zoomのブレイクアウトルームでお話ししてきてもらったのですが、戻られた時のみなさんの表情がとても明るく、幸せそうでした。
ACRは、された人もした人も幸せを感じるんです。

一緒に喜びにくいニュースもある・・・

今回、ACRについてお話をしながら、家族にACRするのは難しいというお話が出ました。
わたし自身、友達や英語教室の生徒さんたちには、わりと自然にできるのに、家族に対してはなぜかしにくい・・・。

その理由がちょっとわかりました。
それは、家族には「期待」をしてしまうから。
例えば、勉強を頑張っていたり、スポーツに関することなら、ACRしやすいんです。
でも、子どもが大好きなYouTubeを見せてきたり、ゲームのガチャですごくいいのが出て大喜びしているとき、関心を持つのも、一緒に喜ぶのもハードルが高いと感じます。


つまり、自分が応援していることならACRしやすいけど、そうでないものはスルーしてしまうんです。
でも自分の立場で考えると、話す内容によって、喜んでくれたり、スルーされたら悲しいです。

子どものいいニュースの分野・内容でジャッジせずに、個人的に興味が持てない内容(わたしにとっては、ゲームや子どもの趣味のYouTube)でも、一緒に喜んで、いろんな質問をしてみる。

例えば、何が面白いのか全く理解できないようなYouTubeを見ている子どもに、
どこらへんが面白いのか教えて?
と聞いてみることもできます。
実際に聞いてみると、こちらが思ってもみないような答えが返ってくることもあるんです。

応援しにくいテーマにもACRできるようになったら、最強です!
ACRもスキルなので、練習すれば必ずうまくなります

初回のご感想!

ACRというコミュニケーションスキルをまたひとつ学んで、「早く家族に試してみたい!」とうずうずしてらっしゃる感じでした。
最後に書いていただいた「この日一番の学びとやってみたいこと」をご紹介します。

今日もありがとうございました。
3歳だからどこまでわかるかわからないけど、愛の言語のカードを作ってみて、息子にきいてみたいです。
ACRをみんなでし合う時間をつくりたいなと改めて思いました。
ありがとうございました♡

ACRをみんなでしあう時間、ステキですね。
みんなが幸せになっちゃいますね!

関心を持つ→質問して、良いニュースの再現をしていきたいです。
良いニュースに飛びつける親になりたいです。ありがとうございました😊

「良いニュースに飛び付ける親」って、いいですね!
ぜひたくさん練習してみてくださいね。

ACRを友達やアカデミアのメンバーにするのは慣れてきていたのですが、家族のメンバーにはできていないことが多いので、今日から3日間、ACRを意識して行こうと思います。
どうもありがとうございました。

3日間のACRプロジェクト、どうでしたか?
意識して集中的にやってみるのって、すごく効果的です。

つらい時に相談できる人は、いいニュースを一緒に喜んでくれる人から選ぶ、逆じゃないというお話を聞いて、息子にいつでも相談してもらえる関係性を作るために今一番できることはACRなんだと改めて感じました。
息子がたまに言ってくる「見て!」ってことは大抵よくわからないYouTubeですが、それでも興味を持って質問をすることを心がけていきます。

興味を持ちにくい話題にも、ACR!
最初はちょっと難しいかもしれませんが、慣れればできるようになります。
どんどん練習しましょうね!


次回は、自分も相手も大切にするコミュニケーションを学びます。
ACRもすごく効果的なスキルですが、第2回で学ぶスキルを身につけると人とのコミュニケーションがとてもラクになります。
お伝えするのが今から楽しみです!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました

⭐️ブログには書けないことをメルマガ『MARIのわくわく通信』に書いています。
  ご登録はこちらから。

⭐️これまでの開催実績は、こちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【開催予定の講座】
10月18日(火)開講!
ポジティブペアレンティングBASIC (全4回)← 募集始めました!
①10月18日(火)、②11月1日(火)、③15日(火)、④29日(火)

子どもも親も幸せな子育てを実現するための知識とスキルが学べます。
共感、愛を伝える方法、子どもの褒め方、強みの生かし方を学び、実践の練習をします。

少人数で経験や感想をシェアしながら、じっくり進めます。


🔸Podcast “Be Myself, Be Yourself” 配信中!

日々、感じることをさらっとお話ししています。
少し英語もしゃべっています😉

🔸Podcast “Mari’s Magic Phrase

英語の簡単なフレーズをご紹介する番組です。


🔶幼稚園、小学校、中学校での講演も可能ます。※オンライン開催も可
  テーマなど、こちらからお問い合わせください。

🔶講座の日程が合わないという方は、ぜひこちらから日程のリクエストをおしらせください。

🔶コーチングモニター募集中エンパワメントセッション(30分)
 (有料モニター 25名募集しています)

🔸英語学習コーチング(モニターセッションをスタートしました
次の募集も、メルマガで先行受付する予定です。

(Visited 5 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました