「今のほうがいいやん。」by 小5次男

子育て

こんにちは。
ふくらはぎが筋肉痛のまりです。
京都へお出かけして、2万歩ぐらい歩いたせいで、今日はふくらはぎが筋肉痛です。笑

今日は短めの記事になる予定。
さっき、次男と話していたことを書きとめておきたくて、もう寝たほうがいいのに書いてます。

「今のほうがいいやん。」って、さっき息子が言ってくれたんです。
いつと比べてるかというと、いいお母さんになろう、いいお母さんでいようと人の目を気にして、肩に力入れてがんばってた頃のわたし。

そもそも、なんでそんな話になったかというと、最近、わたしはこどもたちに「お母さんは、ポンコツだものね。」って言われてるんです。
どういうことかというと、頼まれたことをすぐに忘れてしまったり、なにか頼まれても、苦手なことには、「それはできへんわ。」といったりするからだと思います。

具体的な話の流れは、忘れちゃったけど、「前はポンコツじゃなかったんだけど。」って言った時に、息子にポンコツに変わった理由(笑)を聞かれて、「いいお母さんでいようとめっちゃ頑張ってたのをやめたから。」っていうようなことを答えたら、「今のほうがいいやん。」って言ってくれたんです。

もちろん、彼がそういう理由は想像がつきます。
いいお母さんでいようとがんばっていた時は、こどもを「いい子」に育てようとしていたので、厳しくて、コントロールばかりして、すぐに怒るし、家から引きずり出したこともあります。
いいお母さんになるのをやめた今は、コントロールしなくなったし、わたしがしてほしいことはお願いするし、理由もできるだけ説明します

だけど、それだけじゃないんだろうなって感じています。
自分にとってメリットがあるだけじゃなくて、きっとわたしが楽しそうだし、ラクそうなのが息子にもわかるんだろうなって思います。

こんな風に変われたこと、本当に本当によかったって思います。
前までは、「ちゃんとしている人」っていうのが、わたしにとって大切なアイデンティティだったのに、今は、こどもたちに「お母さんは、ポンコツやから。」って言われると、ほめ言葉に聞こえちゃうぐらい。笑

わたしがこんな感じでいられたら、こどもたちもがんばりすぎなくていいってこと、伝わるんじゃないかと思います。
がんばりたいところは、がんばったらいいし、そうじゃなくて、できなくてつらいところは、「手伝って!」って言えることのほうが、ずっと大事だと思うから。

わたしがこんなふうに変われたのは、NYLB研究所の世界の講座で学びを続けていたから
来月11月19日(木)から、隔週木曜の10時より、4回連続の世界のベーシック講座が始まります
今始めれば、2021年は今より幸せで、楽しい子育てに方向転換できます。
親子の笑顔が増えます。
困りごとが起きても、すぐに使えるスキルを自分の中から見つけて、行動できるので、こどもとの関係性は変わっていきます。

そして、子育てについて同じレベルで話し合える仲間ができます。
仲間とともに学ぶパワーをぜひ体験してほしいです。

詳しくは、こちらのリンクからご確認ください。

⭐️ブログには書けないことをメルマガ『MARIのわくわく通信』に書いています。
  ご登録はこちらから。

⭐️これまでの開催実績は、こちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


🔸Podcast “Be Myself, Be Yourself” 配信中!

日々、感じることをさらっとお話ししています。
少し英語もしゃべっています😉

🔸Podcast “Mari’s Magic Phrase

英語の簡単なフレーズをご紹介する番組です。


🔶幼稚園、小学校、中学校での講演も可能ます。※オンライン開催も可
  テーマなど、こちらからお問い合わせください。

🔶講座の日程が合わないという方は、ぜひこちらから日程のリクエストをおしらせください。

🔸英語学習コーチング(モニターセッションをスタートしました
次の募集も、メルマガで先行受付する予定です。

(Visited 13 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました