失う怖さを見つめて 〜 親の強みを見つける会② 〜

心理学の学び

土曜の夜に、メンバーになっているAri’s Academiaでイベントを開催しました。
その名も、『親の強みを見つける会』第2弾。

Ari’s Academiaは、ニューヨークライフバランス研究所の代表 松村亜里さんが作ったオンラインラーニングコミュニティで、亜里さんの講座を受けた人も受けていない人も参加できる、安心安全なつながりの中でポジティブ心理学の知識やスキルを実践するための場です。
5月14日(金)の10時半に無料の相談会が開催されます。
ニューヨークライフバランス研究所がどんな講座をしているのか、Ari’s Academiaがどんなところなのか、気になる方はぜひご参加くださいね。
詳細は、こちらから。


先週、『親の強みを見つける会』の第1回目を開催しました。
この時、わたしは母のことを話しました。

先日は、平日の朝に開催し、今回は土曜の夜。
今回は、5名での開催となり、1人ずつ父親、または母親にまつわるエピソードを自由に話してもらって、その後、聞いている人が質問をして、答えてもらいました。
そのやり取りの中で見えてくる強みをチャットに書くという流れです。

母のことを話して、強みを教えてもらった時にも感じたことですが、やはり親のことを話すことで、ひとりの人として少しは客観的に捉えられました。
特に、わたしの親のことを全く知らない人たちに聞いてもらうので、どう話したらその人物像が伝わるのかを考えないといけなくて、改めて両親のことを想う時間になりました。


今回も、わたしがトップバッターでお話しさせてもらい、あとは4名のお話を聞いて、強み探しをしたのですが、それぞれに親子の葛藤があったり、親子関係は人それぞれで、自分の親と重ねたり、自分と重ねたりしながら聴きました。

結局、どんな関係にも愛があることだけは確かだなと思えました。
全ては、子どもの幸せを願っているから起きていることなんだなのです。
時に、親も不器用で、その愛情が子ども(わたしたち)にうまく伝わらないで誤解が生じるのですが、それはわたしたちと子どもでもおんなじことなんですよね。
親の心、子知らず・・・。


1回目と2回目、それぞれに、すでに片親を亡くされている方もいました。
お話ししていただいたのは、健在のお父さん、もしくはお母さんのことでしたが、親を亡くすという経験を想像するだけで、わたしはドキドキしてしまう自分に気づきました。

いつかその日が来ることは知っています。
大阪に住んでいた夫の母を9年前に、そして父を3年前に亡くして、親が亡くなるということと、その悲しみ、そして一連の流れは体験しました。
それでも、自分の親が亡くなるということを想像するのはとても怖くて。

2人とも1月に82歳を迎えましたが、ふたりきりで生活を楽しんくれています。
ふたりは、わたしと同じマンションの違う階に住んでいます。
旅行好きで、コロナの前はしょっちゅう旅行に行ってて、その度に「旅先でなにかあるかもしれない。」とちょっと身構えてみたり、コロナが流行り始めてからは、「入院しまったら、それが最後になるかもしれない。」という想いがあります。
でも、起きてもいないことを心配しても仕方ないと言い聞かせて、元気でいてくれることを日々感謝しています。

今回の企画は、会の冒頭でもお伝えしたのですが、「両親が今後、介護が必要になったり、認知症を発症したときでも、心が弱くなってしまわないように、本人に強みを伝えたい。」という想いからスタートしました。

だけど、今、少し違う想いが胸にあります。
父も母も、そんなふうに気持ちが弱くなってしまって、暗い気持ちで亡くなっていくなんて決まってない。
82年の人生を一生懸命に強みを発揮して生きてきた人たちだから、晩年もそれぞれにお母さんらしく、お父さんらしく過ごしていくんじゃない!?

父と母の話を皆さんに聞いてもらってから、そんな希望が見えてきました。
もちろん、現実がどうなるかはわからないけど、わたしは勝手に両親のことを「弱くなっていく人たち」と思ってしまっていたんです。
そうなるかもしれないけど、そうならないかもしれない。

子どもたちを信じられるようになったように、両親のことも、両親の強みや生きる力も信じようって思い始めました。
どんなお別れがやってきても、わたしを大切に育ててくれたこと、たくさんの愛を与えてくれたこと、わたしの家族を大切にしてくれたことは変わらないから。

例えば、親の介護でつらい気持ちになる日々がやってきたら、話を聞いてもらえる人がたくさんいます。
介護の経験がある友人も、介護に詳しい友人もいます。
わたしが勝手に恐れている日々がやってきたとしても、ひとりで抱え込まずに、家族にサポートしてもらったり、友達に話を聞いてもらうことで、きっとわたしは大丈夫だと思えてきました。

こんな風に思えるようになったこと、とても幸せに思います。
この会の開催を応援してたみきちゃん、あきこさん、ありがとうございました♡
そして、参加してくださった皆さんありがとうございました!

⭐️ブログには書けないことをメルマガ『MARIのわくわく通信』に書いています。
  ご登録はこちらから。

⭐️これまでの開催実績は、こちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


⭐️5月25日(水) 10:00−11:00
参加費無料:強みのおしゃべり会(募集中です! )

主に性格の強みについて、気楽におしゃべりする会です。
どなたでもご参加いただけます。

⭐️6月17日(金) 10:00-11:15
参加費無料ママのための自分を大切にする読書会

「お母さんの自己肯定感を高める本」を一緒に読んで、
ワークに取り組みましょう。
じんわりと幸せを感じる時間です。


🔸Podcast “Be Myself, Be Yourself” 配信中!

日々、感じることをさらっとお話ししています。
少し英語もしゃべっています😉

🔸Podcast “Mari’s Magic Phrase

英語の簡単なフレーズをご紹介する番組です。


🔶幼稚園、小学校、中学校での講演も可能ます。※オンライン開催も可
  テーマなど、こちらからお問い合わせください。

🔶講座の日程が合わないという方は、ぜひこちらから日程のリクエストをおしらせください。

🔶コーチングモニター募集中エンパワメントセッション(30分)
 (有料モニター 25名募集しています)

🔸英語学習コーチング(モニターセッションをスタートしました
次の募集も、メルマガで先行受付する予定です。

(Visited 42 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました